WB

適宜更新されるであろうブログ。ブログ自体は自サイト「疾風の魂」のコンテンツの一部です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Chaste Full-metal Maiden -Leiria-”、絶賛応援中です!

11回目。
前回はこちらです。


前回からかなり空いてしまいましたね。
と言っても三週間くらいか。
それ以上放置している某所に比べれば(ry

この企画もあと2、3回で終わりですね。
最終回はすべてが終わる2、3カ月先になりそうですが。


さて、今回は3面ボス、つまりラスボスに関するお話です。
一応ラスボスですね、一応。

では第11回目、「3面ボスのコンセプト」をどうぞ。




○3面ボスに関する設定

3面ボス(詳しくは公式HPのStage参照)の正式名称は“CPMM-052 ロベリア”です。

所謂、主人公:レイリアのライバルで、今作のラスボスです。
彼女にはいろいろと隠された秘密があるのですが、それが語られるのはエンディングですね。
エンディングCとエンディングDです。
実はCよりDの方が見るのが簡単だったりしますが、その話はまた今度。

シナリオ担当のスケッチを読む限りだと、この戦闘の前に一度レイリアとロベリアが戦闘している様なんですが……よくわかりません(何

レイリアがスピードなら、ロベリアはパワーを追求した“機体”と言えます。
攻撃も激しく……したつもりなんですが、激しくなったのかな、これ。
まぁいいや。



○3面ボスとしての位置付け

所謂3面のボスですが、実質ラスボスなのでそれなりに強く&堅くしてあります。
シナリオ的には、レイリア達はゲームの序盤でロベリアを捕捉。
途中に寄り道した構造物を抜け、構造物の残骸の散らばる宇宙でロベリアと遭遇、そのまま戦闘に突入する形になります。

要するにシナリオ的には1面ボスですよ彼女。

まぁ、今作では3面ボスであり、強さ的には5面とか6面のボスになってます。
途中某ゲームの6面ボスに似た弾幕を展開してきますしねw


ボスコンセプトは「セセリ」です。
といっても全くセセリじゃないんですがね!

シナリオ担当から「ロベリアは高火力の砲とソードを持っている」という話を聞いたときに、ソードで表現できる攻撃として、セセリのソウル・ランスが思い浮かびました。
ただ、全然違った攻撃になりましたね。
無論、全く真似る気はなかったのですが。

お兄ちゃんには「なにこのフェインティア」って言われましたが、“あの”攻撃もセセリ2の攻撃をアレンジしたものです。

ちなみに、今公開している版ではそんなことはないんですが、駒場祭の直前の版まではロベリアは撃墜時に「お父様ごめんなさい……」と叫んでおりました。マジで。
でもさすがにそれはなー。


実は、グラフィック担当が示したロベリアと自分が実際に実装したロベリアとでは少し意匠が異なります。
グラフィック担当は今のロベリアよりも凶悪な形(例えばミサイルポッドが大量についていたり、ファントムが大量にくっついていたり)を提示していたのですが、実装が面倒個人的な理由で今の形にしました。
ただ、判定が小さいので、もう少しパーツを増やして判定を多くした方がよかったですね……。



○ロベリアの弾幕

ロベリアの形態は全部で4形態。
第2、3、4形態の最初には固定攻撃をしてきます。
後は各形態で攻撃がループします。

ロベリア本体に判定があるのはもちろん、ファントムにも当たり判定があり、きちんと本体にダメージが入るようになってます。


*第1形態
彼女の登場時には本体に当たり判定はありません。
会話終了後に三角形を描いて定位置に戻るのですが、最後のストレートから当たり判定が発生します。

・第1パターン
砲身から回転方向を変える4way段、バックパックから自機狙いn-way弾を撃ってきます。
難易度が上がるごとにway数が増えるので避けづらくなりますが、基本はちょん避けで切り返しさえミスらなければ大したことはありません。

・第2パターン
今度は逆に砲身から自機狙いn-way弾、バックパックから振動n-way弾を撃ってきます。
第1パターンできちんとダメージを与えていればあまり避けないうちに次の形態に移行します。


*第2形態

・固定パターン
左右に移動しながらどんどん弾数が増える偶数奇数弾を撃ってきます。
Hard以上ではさらにレーザーが追加されます。
Normal以下ではこの弾幕の外を避ければ大丈夫ですが、Hard以上では弾幕の中を避けるようにしないと無理です。
最初の2つは外を避けて、残りは中を避けるのが安定です。

・第1パターン
左右移動、ミサイルを撃ちながら自機狙いn-wayを撃ってきます。
ミサイルはあくまでフェイントで、ちょん避けで済む弾幕です。
ここは冷静に。

・第2パターン
振動するワインダーと迷路の組み合わせです。
難易度が高くなると弾の密度が増えるだけで、避け方は同じです。
「移動速度が間に合わない」という意見が出ましたが、レーザー低速でちゃんと避けれるように作ってますよ。
自機狙いが無いので、Normal以下限定で安地があります。
入れればの話ですが。

・第3パターン
Hard以上限定弾幕。
Hard以上ではダメージを与えづらいため、救済処置としてこれを挟みました。
左右移動しながらミサイル、追い越しカギ爪弾を撃ってきます。
ミサイルはやはりフェイントです。
避ける方向を間違うとカギ爪に進路を塞がれるので注意が必要です。


*第3形態

・固定パターン
通称:ソウルランス改。
自機狙い拡散弾を撃った後に時間差で3本の波状弾が飛んできます。
拡散弾を避けきった後に波状弾を避けることを前提に、レーザー低速でギリギリ避けれるように作ったのですが、
イリアス「これ、拡散弾の間を抜けると楽ですよね」
と言われました。
まぁ、実際そうなってしまったのだから仕方ない。
実は、Easyの方が弾が詰まりすぎて避けるのが困難になっているのは秘密だ!
拡散弾を避ける前に、一旦逆方向に波状弾を誘導してから避けると少し楽になります。

・第1パターン
通称:縄跳び。
左右に移動しながらファントムを上下に移動、三方向から囲んできます。
Hardだとファントムの黄弾が拡散弾に変化、それ以上の難易度だとさらに阿鼻叫喚な事態に。
三方向を同時に相手しなければ問題ないでしょう。

・第2パターン
ファントムを回転させながら、砲身から波状弾を撃ってきます。
ファントムからは二種類の回転速度の1way弾が発射されています。
黄弾が詰まっていて避けづらいですが、こちらも同時に相手しなければ大丈夫です。
左右に移動しながら避けていくのが理想です。

・第3パターン
パク……ったって言いづらいな……。
とりあえずアレンジはしています。
なんてことはない弾幕で、砲身から出る青弾が自機外し、ファントムから出る黄弾が自機狙いです。
ちょん避けで何も問題はないという見かけ倒しの弾幕です。

・第4パターン
ファントムが黄弾の波を作りながら、砲身から振動波状弾を撃ってきます。
難易度が上がるごとに波の数が増えます。
ガチで避けましょう。
こちらもNormal以下限定で安地が存在します。


*第4形態

・固定パターン
バックパックを分離させて、時間差で爆発させます。
バックパックに当たり判定はありますが、本体にダメージは入りません。
爆発時に放出される弾は自機狙い全方位弾です。
つまりちょん避けです。

・発狂パターン
自機狙いn-wayの大弾を撃ちながら、回転方向を変えるn-way弾を撃ってきます。
まさに発狂形態。
さらに凶悪なのが本体が移動するのでまともにダメージを与えられないという点です。
でも、最後だし、ボム有効ブースト有効ならこれぐらいやってもいいかな、と思って敢行しました。
一応Normalは自分が普通に避けれることは確認済みです。
ガチ避けか、ボム・ブーストしかないですね。



○ロベリアに関するあれこれ

プレイ中はよく見えないかもしれませんが、形態が変化するごとにポッドが破壊されたり、バックパックが無くなったりしています。
当然当たり判定も小さくなっていくわけなんですが……。
これらのパーツは独自に当たり判定を持っています。
さらにロベリア本体が2つ分の判定を持っているので、通常の敵に比べてブーストの溜まりやすさが2倍以上になっています。
オーラ撃ちしたときに顕著になると思います。

実は、ロベリアの発狂形態は駒場祭前までは緋蜂の洗濯機だったんですね。
如何に自分が仕事をさぼっていたことか。



○ロベリア攻略法

本編をノーミスクリアするためにはロベリアをノーミスで倒さなければなりませんね。

目標は1ボム安定戦略です。
1ボムあれば何とか勝てますよ。

ブーストを有効活用するのですが、もしブーストゲージが溜まってなくても、最初の攻撃前に張り付けば一気に溜まります。

第1形態はただ避けるだけなので問題なし。
第2形態開幕は危なくなったらブーストで。
レーザーも弾扱いなのでブーストレーザーで消えます。
第2形態は見かけ倒しなので焦らず、2ループ目3ループ目に入っても根気よく粘りましょう。
(避け方さえ適切なら1ループ目で削り切れます、一応)
第3形態開幕は慣れれば問題ないですが、安全のためにブーストを使ってしまいましょう。
第3形態の弾幕恐れるに足りず。
第3形態の終了時に一気に張り付いて、第4形態開幕のバックパック爆発まで張り付いていれば発狂形態のHPを削れるところまで削れます。
バックパック爆発と同時にブースト発動です。
発狂突入時にロベリアが前進するので後退し、ブーストが切れるまでロベリアを追従。
ブーストが切れると同時にボムを撃ってロベリアに乗っかってブーストを溜め、再度ブースト発動。
これで削りきれるはずです。
ゲージが溜まりきらなければ再度ボム。
これで安定です。




次回は……今回の開発のまとめになると思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ralfbalt.blog66.fc2.com/tb.php/983-c02c6293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。